脂質異常症とは?善玉と悪玉コレステロールと中性脂肪の基準値

脂質異常症って?

脂質異常症とは、血液中のコレステロールと中性脂肪のバランスが悪いことを言います。簡単に言うと血液がドロドロになっている状態です。
血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多いケース、HDL(善玉)コレステロールが少ないケースが考えられます。
自覚症状はほとんどありません。そして40代の日本人の5人に1人が脂質異常症だと言われています。

 

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールって?

コレステロールは血液に溶け込むことが出来ません。そのため「リポたんぱく」というカプセルの中に入って血液の中を移動します。
このリポたんぱくというカプセルが、身体のあらゆるところまでコレステロールを運ぶものをLDL(悪玉)コレステロール、身体の中の不要なコレステロールを回収してくれるものをHDL(善玉)コレステロールと言います。

 

LDL(悪玉)コレステロールが増えすぎたら身体の中のコレステロールが溜まりますし、HDL(善玉)コレステロールが少なくても身体の中のコレステロールが溜まってしまいます。

 

なぜ脂質異常症になるの?

原因として挙げられるのは食べ過ぎと、食べ過ぎによる肥満、運動不足です。
食べ過ぎることで肝臓の中に中性脂肪がどんどん作られてしまいます。そしてその中性脂肪をエサにして肝臓でコレステロールが作られます。
特に中性脂肪を増やしやすい糖質や脂質が多く含まれた食材には注意が必要です。

 

また、年齢が上がるにつれてLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪の値も上がりやすいことや、女性よりも男性の方が割合は高くなることが分かっています。

 

脂質異常症の基準値

  • 高LDLコレステロール血症は140mg/dl以上
  • 低HDLコレステロール血症は40mg/dl未満
  • 高中性脂肪血症は150mg/dl以上

これらのうち1つでも当てはまると脂質異常症と診断されます。
詳しくは一般社団法人 日本生活習慣病予防協会まで

 

脂質異常症が引き起こす病気とは

脂質異常症を放っておくと、動脈硬化になりやすいと言われています。それにより狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを招いてしまうことも充分に考えられるのです。
他にも脂肪肝や急性膵炎、胆石症、糖尿病などにかかりやすくなります。

 

予防するにはどうすればいいの?

原因は食べ過ぎや運動不足を防ぎ、肥満を改善していくことです。
具体的にはケーキなどの間食を減らす、脂っこい肉などを控える、大豆や野菜、海草類をたくさん食べることでも変わってきます。
そして普段からエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うようにする、一駅手前で降りて歩く、テレビを見ながらでも良いのでストレッチや筋トレをする、といったことを習慣にしましょう。

善玉コレステロールを増やしたい人に人気のサプリメント

善玉コレステロールを増やしたい人必見!サプリランキング!口コミ・効果