女性更年期以降(障害)のコレステロール対策!女性ホルモン増やす食べ物

更年期以降の女性は脂質異常症になりやすい?

実は女性ホルモンとコレステロールは深く関わっています。脂質異常症は男性の方が多いのですが、女性も閉経後からコレステロールの数値がどんどん高くなっていくのです。

 

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
エストロゲンにはLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防いだり、血管の内側の細胞を守る効果があります。
そして肝臓でHDL(善玉)コレステロールを作りやすくする効果もあります
つまりエストロゲンが動脈硬化を防いでくれると言っても過言ではないのです。
しかし閉経をするとエストロゲンが減少してしまいます。それにより脂質を調節する力が弱くなってしまい、コレステロールの値が悪くなりやすいのです。
また、更年期以降の女性は肥満にならないように注意をしてなくてはなりません。女性ホルモンは内蔵の脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあります
閉経後は反対に内蔵の脂肪が溜まりやすくなってしまい、LDL(悪玉)コレステロールが増えやすい環境になるのです。
血糖値を下げるインスリンの働きが妨げられ、悪玉コレステロールが増えやすくなります。

 

どういう対策をすればいいの?

脂っこいものをたくさん食べていない場合でも、閉経後には自然とコレステロールが高くなってしまう可能性があるとご説明しました。
では、どういう対策をすれば良いでのしょうか。

 

一番の対策はやはり食生活です。
お肉の脂身はあらかじめ取り除いたり、バターなどのコレステロールが多い食べ物は極力控えましょう。
また、野菜や海藻類などの食物繊維を多く食べることで余分なコレステロールを排出することが出来ます。

 

そしてコレステロールを控えるだけでなく、甘いお菓子やパンなどの糖質も控えましょう。糖質を摂りすぎることで血糖値が上がり、中性脂肪値も上がってしまいます。

 

また、摂取する脂肪の種類にも気をつけましょう。油というのは「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに分けることができます。
お肉の脂身やバターなどの「常温で固まる脂(固まると白くなる)」は飽和脂肪酸に当たります。
つまり飽和脂肪酸はコレステロールや中性脂肪を増やす油なのです。

 

不飽和脂肪酸は、その中でも「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」の2つに分けることができます。

 

一価不飽和脂肪酸はオリーブオイルやキャノーラ油などに含まれている酸化されにくい油です。これらはコレステロールを減らすことが分かっています。

 

多価不飽和脂肪酸はごま油や大豆、青魚の油、えごま油などに含まれている酸化しやすい油です。これらもコレステロールを減らす効果があるのですが、摂りすぎるとHDL(善玉)コレステロールまで下げてしまうので、量に注意しなければなりません。

 

青魚の「DHA」「EPA」などを食べる

青魚に多い成分「DHA」「EPA」は、不飽和脂肪酸の「n-3系」といわれる脂肪酸で、体にとても良い成分です。
いくつもの研究、論文で、悪玉コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、善玉コレステロールが通常よりも増えるなどの報告が上がっています。
実際に脂質異常症で悩んでいる人には病院でも医師が処方箋として、「DHA」「EPA」が凝縮された医薬品をだすこともあるほどです(もちろん適切な診断に基づいてです)。

 

大豆製品をたくさんとる

女性ホルモンのエストロゲンを増やすためにおすすめの食品食べ物は大豆です。
更年期障害に悩んでいる方におすすめは大豆製品をたくさん摂ることです。
豆乳、豆腐、ナットウなど、イソフラボンが多く含まれる製品はオススメです。

善玉コレステロールを増やしたい人に人気のサプリメント

善玉コレステロールを増やしたい人必見!サプリランキング!口コミ・効果