コレステロール(高脂血症)と動脈硬化・脳梗塞の関係|前兆や原因・予防と飲み物

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、脳に血液を送る血管が詰まり脳細胞が死んでしまう病気のことを言います。そして発症のメカニズムを3つの種類に分けることができます。

血栓性

動脈硬化によって脳の動脈が狭くなり、血栓が出来てしまうことで血管が詰まるタイプの脳梗塞です。

 

塞栓性

心臓など血液が頭に来るまでに血栓が出来た場合、塞栓の元が血と一緒に脳に行ってしまうことで血管が詰まるタイプの脳梗塞です。例えば心房細動の不整脈などが原因になります。

 

血行力学性

もともと血管が狭くなっていたときに、血圧の低下や脱水が原因で脳の血流が悪くなり起こるタイプの脳梗塞です。

 

どんな症状が起こるの?脳梗塞の前兆とは?

身体の右半身か左半身のどちらかに力が入らなくなる症状が多く見られます。例えば急に手に力が入らなくなる、足を引きずる、つまずきやすくなる、痺れる、物が二重に見える、めまいがする、などです。
また、呂律が回らない、言葉が理解できない、うまく言葉が出てこないなどといった言語障害が出る方も多いです。その他には、意識がなくなっていく、嘔吐やめまいなども挙げられます。公益社団法人日本脳卒中協会

 

脳梗塞の原因は?

脳に血液を送る血管が詰まることで起こると説明しましたが、そもそも血管が詰まる原因とはなんなのでしょうか。脳梗塞の危険因子として挙げられるのは、高血圧や高脂血症(コレステロールが高い)、多血症などの生活習慣病です。また、不整脈で脳梗塞を引き起こす人も増えています。
そして朝や夏は脳梗塞を発症することが多いと言われているので、これらの生活習慣病に当てはまる人は特に注意をしましょう。

 

普段から出来る予防方法とは?

原因となっている生活習慣病を改善することです。具体的には禁煙をする、アルコールの量を調節する、肥満を解消する、などです。また、一度脳梗塞が起こったら再発することが多いと言われているので、すでにかかったことがある場合は再発予防の薬をきっちり服用することが大切です。

 

コレステロールとの関係は?脂質異常症との関係

悪玉コレステロールが増えすぎている、善玉コレステロールは少なすぎるなどの症状は脂質異常症です。
脂質異常症(高脂血症とは脂質異常症と病名が改名される前の名称)は動脈硬化の原因になります。
動脈硬化になると血管が詰まりやすくなることから脳梗塞になりやすくなります。
ちなみに日本では脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。
脂質異常症で、善玉コレステロールが少ない状態の方は運動や、食事を改善するなど、生活習慣を改めることで、動脈硬化、脳梗塞を予防することにつながります。
「まぁいいか!」っと、甘く見るのは禁物です。

 

脳梗塞予防でおすすめの飲み物

コーヒーを毎日1杯以上飲めば、脳卒中の発症リスクが抑えられることなどが全日本コーヒー協会のサイトに詳しくかかれています。国立循環器病研究センター 予防健診部医長小久保喜弘氏の報告なので読み応えあります。

 

逆に女性では清涼飲料水の飲用量が多いほど脳梗塞の発症リスクが高いなどの報告が「国立がん研究センター 社会と健康研究センター」のウェブサイトにあります。

 

どちらも程々が望ましいでしょう。

善玉コレステロールを増やしたい人に人気のサプリメント

善玉コレステロールを増やしたい人必見!サプリランキング!口コミ・効果