善玉コレステロールを増やすためにオススメな大豆原料の食材

大豆を積極的に食べよう!

善玉コレステロールを増やすためには、納豆や味噌などの大豆食品を用意して、様々な料理で積極的に利用することがおすすめです。これらの食材の原料には、血液をドロドロにさせるような脂肪分が少ないのですが、食物繊維は大量に含まれています。納豆を主菜にすることは稀ですが、副菜にして頻繁に食べていれば、栄養の偏りも防ぐことができます。

 

味噌汁を毎日のように飲む人は、善玉コレステロールを無意識のうちに吸収し、体の健康を支えていることになります。伝統的な和食は、味噌汁や麦飯を中心にして、焼き魚や煮豆などが並ぶことが定番でした。ところが、最近では高脂肪で食物繊維が少ない食事が一般化して、悪玉コレステロールを吸収しやすい環境になっています。そのため、大豆食品が多用される和食を見直して、大いに活用するべきです。

 

大豆を煎ったものを用意して、ほうじ茶と一緒に御飯を炊けば、香りが素晴らしい茶飯が完成します。この料理は江戸時代には特に盛んに食べられていましたが、現代人にとっても有益です。大豆を使った料理では、未熟な枝豆を使った混ぜ御飯もおすすめです。あるいは、豆腐を使ってほうれん草の白和えを作る場合でも、善玉コレステロールを増やすことができます。

 

豆腐の副産物になるおからは、ケーキなどのお菓子作りで使うようにすれば、善玉コレステロールを増やすために役立ちます。おからを混ぜてハンバーグを作る場合にも、肉の脂肪が減って食物繊維は増えるため、健康的な料理に変わります。

善玉コレステロールを増やしたい人に人気のサプリメント

善玉コレステロールを増やしたい人必見!サプリランキング!口コミ・効果