ココナッツオイルの効果・効能!脂肪酸の種類と善玉コレステロールを増やす?

ココナッツオイルとコレステロール

エキストラ バージン ココナッツ オイル
ココナッツオイルに含まれている油は飽和脂肪酸に分類されます。基本的に飽和脂肪酸とはバターやラードといった動物性の油に多く含まれているのですが、ココナッツオイルはその中でも「中鎖脂肪酸」というものに分けられるのです。
一般的な油は「長鎖脂肪酸」といって、コレステロールや中性脂肪の原因となってしまいます。しかしココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は肝臓にすぐ運ばれ、脂肪が溜まりにくいという作用があるのです。しかも既に身体に付いてしまっている脂肪も燃焼してくれる効果があると言われています。
つまりコレステロールが気になる人は、普段使用している油をココナッツオイルに変えるだけで対策が出来るのです。

 

心筋梗塞や脳梗塞も予防

善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことは、動脈硬化の予防に繋がります。動脈硬化によって狭心症や心筋梗塞、脳梗塞が引き起こされてしまうので、ココナッツオイルを摂ることでこれらの病気の予防にもなるのです。
ココナッツオイルは、亜麻仁油、オリーブオイルなどと同じく、医学的なエビデンス(科学的根拠)も多数報告されている、とても体に良い油です(もちろんカロリーがあるので、摂りすぎは注意です。)

 

善玉コレステロールを増やしてくれる?

ココナッツオイルはダイエットに向いているオイルです。
したがって、ダイエットして、内臓脂肪、皮下脂肪を減らし、結果的に体脂肪全体が減らせていけば、悪玉コレステロールは減って、善玉コレステロールが増えることが一般的です。
オリーブオイルや、ココナッツオイル、亜麻仁油など、体にいい油をとり、食生活を変えて、週に3日はウォーキングで汗を流し、血液サラサラになれば、みるみる善玉コレステロールが増えていくことも期待できます。

 

ダイエットにも最適

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は脂肪として蓄積されないので、ダイエット向きの油になります。体の新陳代謝を上げてくれるありがたいおいるなので、ダイエットをしている人は毎日適量摂取するのもよいでしょう。(くれぐれもカロリーには注意)

 

その他の効果

コレステロール以外にも色んな効果があります。
・便秘改善
・糖尿病予防
・免疫力を高める
・美白効
などなどいいことづくめです。多くの健康・美容効果が期待されているのです。
このような効果から、芸能人ではミランダカーさんやローラさんも愛用されているそうですよ。

 

ココナッツオイルの種類

エキストラ バージン ココナッツ オイル
エキストラ バージン ココナッツ オイルは無精製ですので、一番おすすめで、高級品になります。ちょっと精製したものよりもお値段は高いです。

 

精製ココナッツオイル
高温精製、脱臭などをしてしまっているので、安いですが、栄養素もそれなりに減ってしまっています。

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルとコーヒー

エキストラ バージン ココナッツ オイル
おいしいココナッツオイルで甘さを出したコーヒーは結構美味しいですよ!

 

揚げ物に

ココナッツオイルは酸化しにくいという特徴があるので、揚げ物に使うとサクサクが長持ちすると言われています。また一般的な油よりも代謝率が10倍ほどあるので、いつもの揚げ物よりもダイエット向きになります。
ココナッツの香りもそこまでせず、ほのかに甘さがあるかな?くらいの香りなので、甘い香りが苦手な人でも気にならないことと思います。

 

ドレッシングに

ココナッツオイルとお酢、塩こしょうを混ぜるだけです。市販のドレッシングはカロリーが高いので、ぜひココナッツオイルでドレッシングを手作りしてみてはいかがでしょうか。

 

ココナッツオイルでつくるクッキー

エキストラ バージン ココナッツ オイル クッキー
おやつでクッキーをつくるなら、ココナッツオイルを使うのもおすすめです。

善玉コレステロールを増やしたい人に人気のサプリメント

善玉コレステロールを増やしたい人必見!サプリランキング!口コミ・効果